コンテンツ一覧

ゲストの負担を減らす

食器

特徴と魅力

会費制結婚式とは、ゲストにご祝儀ではなく会費を支払ってもらう形の結婚式です。ご祝儀だと関係性で金額を変える必要があり、人によっては大きな負担を感じる人も少なくありません。ですが会費制結婚式ならば一律の金額であるため、参加するゲストの金銭的負担は減ります。会費の相場は1〜2万円ほどなので、ご祝儀の最低金額が3万円ほどであることを考えるとゲストにも参加しやすい金額といえるでしょう。ただ会費が少なめである分、立食形式にしたり、ビュッフェ形式にしたり、引き出物をなくしたりとカジュアルダウンする傾向にあるので、その点はあらかじめすべてのゲストに伝えておかねばなりません。年配の方や目上の方などはなじみがないことも多いので、その場合はフルコース形式にするといった配慮も必要です。会費制結婚式は他にも、一律の金額であるため新郎新婦の負担額がわかりやすい、引き出物を用意しないことが多いので準備が簡単になるといったメリットがあります。ですがゲストの中には、ご祝儀を用意しない分結婚祝いを用意する必要があるかなどを考える人もいるので、事前に不要であることを伝えておかねばなりません。通常の結婚式とは違った形の配慮が会費制結婚式には必要となります。また会費制結婚式は、リゾート婚や海外挙式後のお披露目パーティーとして行われることが多いという特徴もあります。この場合は親族などは呼ばす、友人たちなどの気兼ねしない関係性に限り、カジュアルな二次会のような雰囲気にする人が多いです。